« WISC-Ⅲの解釈について | トップページ | なぜ一番にこだわるのか? »

I am proud

教育支援課主催の「特別支援教育コーディネーター研修会」の案内が届きました。対象は市内60数校の校内COや特別支援学級担任です。
内容は「教育実践報告」と「研修報告」が一つずつ。
「教育実践報告」は特別支援学校と連携した小学校の特別支援学級での教育実践発表で、「研修報告」はNICE(特総研)の研修会報告です。

実は前半は元相棒の本年度の実践報告で、後半が私の報告です。
教員歴4年目(特別支援担任2年目)の経験の浅い彼女が実践報告の報告者になることはとてもまれなことです。

案内に2人の名前が並んでいるのを見て、「私たちがやってきたことは間違いなかったなあ~」と1人で感慨にふけっていました。
親ごさんやスタッフに恵まれたことにも感謝。
そして、元相棒のがんばりに「I am proud ・・・」


(随分手前みそですが、こうゆうことが励みになるもですww)


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« WISC-Ⅲの解釈について | トップページ | なぜ一番にこだわるのか? »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。時々のぞかせていただいています。
この冬に念願の臨床発達心理士を取得しました。
しかし、名ばかりでキャリアがありません。
具体的に、発達検査や、発達相談支援などのキャリアをつみたいのですが、どうしたらよいでしょうか。
現在は障害児が通ってくる事業所で直接支援していますが、ほとんどが肢体不自由児です。
キャリアをつむには、みなさんどうされているのでしょうか。どなたかの弟子?(古い言い方ですが)について、勉強させてもらうとか??発達検査や発達相談は、直接行ってみないと身につけずらいかと。

投稿: リー | 2011年1月18日 (火) 06時19分

リーさんコメントありがとうございます。
そして資格取得おめでとうございます。
臨床発達心理士になられたのでしたら、まずは士会主催の研修会に参加されることをお勧めします。
検査や相談のキャリアは経験を積みながら付けていくものですが、最低限の基礎的な力量は研修会参加や自主的な学習会できちんと身に付けておきたいですね。
発達検査についての研修会は大きな都市であれば行われているのでぜひとも参加してくださいね。
それから、いろんな繋がりを大切にしてほしいと思います。私はこのブログを通してたくさんの人とオン・オフの両方で繋がってたくさんのことを教えてもらっています。
何かのご縁です、これからもよろしくお願いしますね。


投稿: BOGEY | 2011年1月19日 (水) 22時40分

ありがとうございます。
人とのつながり・・・本当に、そうですね。

検査の研修、近くではありませんが東京に出れば、あるのを以前調べたときに発見しました。でも、お高いのですよね、研修費。それに、その検査の類をその場だけで勉強できたとしても、職場に何もないので活用できないなあと・・。自前でみなさん持っていらっしゃるのか・・・??

これからも宜しくおねがいします。

投稿: リー | 2011年1月21日 (金) 05時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/50576365

この記事へのトラックバック一覧です: I am proud:

« WISC-Ⅲの解釈について | トップページ | なぜ一番にこだわるのか? »