« 日本自閉症協会のホームページ | トップページ | I am proud »

WISC-Ⅲの解釈について

検査を重ねるにつれて結果分析や解釈が決して一本道ではない事に気づかされる今日この頃です。
絵にかいたような「言語性」優位なスコアでも、お子さんを見ていくと「言い間違い」や「聞き間違い」が多く意味の取り違えも多いお子さんだったりします。
また処理速度が極端に落ち込んでいるお子さんも、今までの経験から「ゆっくりていねいにやっていくと間違いが少なくなる」と意識しながら「符号」や「記号探し」にていねいに取り組んでいたために解答数が少なくなったというケースもあります。
WISC-Ⅲの結果が「診断」や「今後の支援」の参考にされることが最近多くなりました。
しかし決して万能な検査ではありません。
検査のスコアだけでなく、お子さんの観察をしっかりと行ってから総合的に判断することが大切だと思います。
また、その判断は専門家1人で行うのではなく保護者、担任を含めたチームで行われることが望ましいと考えています。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 日本自閉症協会のホームページ | トップページ | I am proud »

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/50562133

この記事へのトラックバック一覧です: WISC-Ⅲの解釈について:

« 日本自閉症協会のホームページ | トップページ | I am proud »