« 教育研究集会 | トップページ | 遅すぎるということはない »

クワッドリフトにて

今日は完全オフ日ww。でスノーボードに行きました。

最近、いろんな国の人と話す機会が多かったからか、こちらから気軽に話しかけることもあります。
全長5kmのロングコースの山頂にむかうクワッドリフトでお隣に座った日本在住のロシアの方と英語で話しました。
最近気になっている「母語」についての話を自然と振ってしまいます。
彼女の2歳のお子さんはロシア語を母語にしつつ英語も話せるバイリンガルであるとのことでした。来年は日本の幼稚園に通わせるそうです。「母語」のロシア語がしっかりしていればOKなのだと彼女は話していました。
彼女はブラジル籍のお子さんにも英語を教える機会があるとのことでしたが、その子たちの言語的な課題についてまで聞く時間はさすがにありませんでした。

「マザータング」(母国語)がとても大切なことは確かなです。きちんと獲得できるような支援をしなければと思いました。
もうひとつ・・・
自閉症スペクトラムのお子さんにとっての「マザータング」は「視覚支援で補完された日本語」なのかなあと、ふっと思いました。

もちろんオフなので、うんと楽しんだのですが、
これは真面目じゃないほうのブログで・・・

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 教育研究集会 | トップページ | 遅すぎるということはない »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/50794653

この記事へのトラックバック一覧です: クワッドリフトにて:

« 教育研究集会 | トップページ | 遅すぎるということはない »