« 「支援力」養成講座 その3 スタートライン:授業の成立(1)  | トップページ | がんばれ宮城教育大付属特別支援学校! »

どなたかTV報道を何とかしてください

「特別支援教育ネットワーク」というMLに参加しています。
震災の現場からの声として以下のようなメールが届きましたので紹介します。

(以下メール内容:発信者のお名前は伏せます)

ずっとROMしてましたが、みなさまにお願いしたいことがあります。
震災以来、毎日学校へ行き、避難所の運営に当たってきました。
三田地先生のファシリテーションの手法を応用して、運営の見える化を徹底させました。そして、運営をしながら各係分担の支援マニュアルを作成し、交代制をすくことができました。本当に、ホスピタリティーのある避難所を提供できています。
しかし、日々、大変な状況です。
津波で流されてかろうじて助かった子供もやってきています。
津波だけだったら、地震だけだったら、本当に安心・安全を提供できていると思います。
今一番の恐怖は原発です。
ガソリンがないのにいつこの避難所を追い出されるのかという不安にさいなまれています。
それをあおるのが、マスコミの報道のことです。
今回の原発の報道の仕方は、最悪です。
地元ラジオ局の放送は、被災者の立場に立ち良いです。寝ずにやっており頭が下がります。
TV報道は、最悪です。
何度も何度も繰り返し、原発の爆発を視覚的に提供しています。
いつの爆発かもはっきりさせないまま放映するので、被災者や支援者は、まるで何度も爆発したかのように思ってしまうのです。
見せるなら、きちんと伝えないと、その都度被曝していることになってしまいます。
今は、ラジオは少なく、大型テレビがたくさんあるのです。
だから自然とその情報が優位になってしまいます。
避難所の人だけでなく、家で待避しいている人も同じです。
おそらく、現場で支援活動している人はいいけど、屋内避難している人も
ひどいトラウマになってしまいます。
TV報道は、他人事に感じます。
福島の人は、見捨てられていると心底思い始めています。
生殺し状態と言えます。
お笑いの番組の方が救われます。
どうか、どなたかこのことをマスコミに訴えて頂けないでしょうか。
お願いします。

(以上)

どなたか、抗議電話よりも影響力がある方法をご存じの方はみえませんか?


今日、卒業式に参加してくれたELTのカリフォルニア出身のJさんは明日から北関東に行きボランティア活動に参加するとのことでした。頭が下がるばかりです。にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「支援力」養成講座 その3 スタートライン:授業の成立(1)  | トップページ | がんばれ宮城教育大付属特別支援学校! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どなたかTV報道を何とかしてください:

« 「支援力」養成講座 その3 スタートライン:授業の成立(1)  | トップページ | がんばれ宮城教育大付属特別支援学校! »