« ちょっとした「視覚化」 | トップページ | クレーンから »

名前を書く

1年生の子どもたちは、国語の授業ではやっとひらがなの「く」や「し」から指導がはじまったのに、その練習のためのプリントや宿題に自分の名前を書かなければいけません。「あ」や「ね」などの難しい字が名前にある子はそちらの方が大変な課題になります。
一字一字大変丁寧に指導が行われるのに名前の文字だけは例外扱いです。もちろん支援学級の子どもたちにとっても同じことが言える場合もあります。

名前の練習のための「なぞりがき」用フォームを作ってみました。
バックを薄く色を付け白抜きのゴシック文字で表わしてなぞりやすくしたものです。
書き順や矢印は子どもの実態に応じて工夫すればいいと思います。

ダウンロードはこちらから↓
「hiragana.docx」をダウンロード


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« ちょっとした「視覚化」 | トップページ | クレーンから »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/51404046

この記事へのトラックバック一覧です: 名前を書く:

« ちょっとした「視覚化」 | トップページ | クレーンから »