« 「支援力」養成講座(番外編)校内委員会の支援力 | トップページ | 現場と関係機関との温度差 »

「あわてない」「あせらない」

「慌てる」漢字で書くと心が荒れてます。
「焦る」これはこげてますね。

たしかにお子さんの持つ課題はたくさんあり、担当しているお子さんの数も少なくないのが現状です。
また、すぐに最善の策が見つかるわけではありません。

まずできることから一つずつ・・・
今までよりも少しでも前に進むか、後退しなければOKとするぐらいの気持ちの持ち様が大事です。

もちろん支援計画をきちんと立てて支援に臨むことは必要ですし、緊急性の高い課題には何をおいても取り組まなければいけません。

でも、支援の側に立つ者が慌てたり焦ったりしていては得られるはずの成果さえも見失ってしまうことになります。
あと1人で抱え込まない事・・・


なんだか誰かさんへのメッセージのようになりました。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「支援力」養成講座(番外編)校内委員会の支援力 | トップページ | 現場と関係機関との温度差 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/51501804

この記事へのトラックバック一覧です: 「あわてない」「あせらない」:

« 「支援力」養成講座(番外編)校内委員会の支援力 | トップページ | 現場と関係機関との温度差 »