« ER シーズン10 | トップページ | 「支援力」養成講座 その4 通常学級での取り組み(1) »

教師を育てるということ

新規採用者研修の担当者と長い立ち話をしました。
彼女は指導者として素晴らしい力量を持った教師です。一度児童観察という形で彼女の授業を見せてもらったことがあるのですが、その時の授業は子どもたちの話し合いで「学び」が深まっていく素敵な授業でした。つまりしっかりと子どもを「鍛え・育てる」ことができていたのです。もちろん、そのクラスに在籍していた「困り感」を持った子どもも生き生きと授業に参加していました。

しかし、子どもを育てることと教師を育てることは同じようにはいかないようです。
支援や指導の具体例や教材研究について指導はできても、教師のパーソナリティーや持ち味からでるものは一概に否定できません。しかしこのあたりのことが学級集団作りでは大事になってくる場面も多いのです。
新規採用教師の人となりや雰囲気を活かしつつ子どもたちとよりよい関わり方ができるように支援することはそう簡単なことではないようです。
持ち味をなくすようなアドバイスは控えたいが、やはりもう一歩踏み込む姿勢が欲しい・・・
私も経験がある悩みでした。

「できるだけ具体的に、すぐにできることから」
「言葉で説明するよりも実際に見せてあげる方が判りやすい」
欲張らずにこれらの基本的なことを大切にしていきたいね、と一応話を締めくくりました。

ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっとお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« ER シーズン10 | トップページ | 「支援力」養成講座 その4 通常学級での取り組み(1) »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/51758675

この記事へのトラックバック一覧です: 教師を育てるということ:

« ER シーズン10 | トップページ | 「支援力」養成講座 その4 通常学級での取り組み(1) »