« 「仲間とともに」 | トップページ | 夏季研修会 »

通常学級でどこまで支援するのか

あるケース会議での話です。
個別支援ファイルを就学前から持ちあがってきた低学年のお子さんで、小学校に入ってからも市が運営するサポート事業にも参加してきました。
学級では常に担任の個別の支援が欠かせないお子さんなのですが、小学校に入ってからの成長が認められる部分も多くありました。

通常学級では「無理」だから支援学級転籍を勧める意見と通常学級籍のまま支援の方法を探っていく意見が出されました。

担任にとっては今以上に個別の支援を増やすことは物理的に無理なようです。
このため校内の体制を工夫することによってティームティーチング体制や個別指導(取り出し)の体制をとるようにしてはという意見も出されました。
また、ユニバーサルな教育の視点から、すべての子がわかりやすい指示の仕方、課題の提示の仕方や課題の軽減などの話も出されました。
「困っている子」はこの子だけではない事を確認して、今後の学年全体の指導・支援のあり方も考えていくことになりました。

急激に支援学級籍のお子さんが増えていることは事実です。
通常学級でどこまで支援するのかは、担任の課題ではなく学校全体の課題であることをきちんと確認し、学校の支援体制を整備していく必要があると感じました。

ブログランキングに参加しています。1日1回ぽちっとお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「仲間とともに」 | トップページ | 夏季研修会 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/51935856

この記事へのトラックバック一覧です: 通常学級でどこまで支援するのか:

« 「仲間とともに」 | トップページ | 夏季研修会 »