« 発達検査依頼 | トップページ | どうか健やかに、どうかあせらずに・・・ »

ゴルフレッスンのような

「ゴルフレッスンのようなとても具体的で効果的な指示がないものだろうか?」
なんてここ数日考えています。
もしかすると今までの記事でスノーボードやサーフィンのレッスン、セスナの操縦訓練などについて書いていたかもしれません(?こっちには書いていないかもしれません?)が、きっとそれらは「スモールステップ」が中心の内容だったと思います。
ゴルフのスイングレッスンは「スモールステップ」ではなく、「体重移動はバックスイングで腕が水平になった時まで」や「頭の位置を動かさないためには首のねじりを意識する」などのようなとても明確な「ポイント指導」です。

たとえば「字を書く場所は右のおっぱいの前」なんていう「ポイント指導」をたくさん考案していきたいなんて思っているのです。
先日ある学校の1年生の教室を観察させていただいた時、子どもたちの書く時の姿勢がずいぶん悪かったのです。ほとんどの子が右ひじを机について前かがみの姿勢で書いているのです。原因はノートを正面に置いて左ページの左端に字を書いているからでした。つまり書く位置が左過ぎだったのです。私は机間巡視しながら(授業の邪魔はできないのでもちろん無言で)順に子どもたちのノートを右に動かしていきました。
当然、次々と子どもたちの背中がピンと伸びていきました。
「姿勢を正しなさい」というよりもノートの位置を指示する方がより具体的で効果的だと思うのです。

筆箱や文房具で手遊びをする子が多いのであれば、その子を叱るのではなく「書く時は鉛筆1本と消しゴム1個だけ机の上に置いておく。」という指導をすればいいのです。(この場合は授業がつまらないという原因もあるかもしれませんが・・・)

いろんな場面での「ポイント指導」を考えていきたいと思っています。


ブログランキングに参加しています。モチベーションがあがるので1日1回ぽちっとお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 発達検査依頼 | トップページ | どうか健やかに、どうかあせらずに・・・ »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/51991251

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフレッスンのような:

« 発達検査依頼 | トップページ | どうか健やかに、どうかあせらずに・・・ »