« 母校と恩師と同窓生 | トップページ | モア・ノーマン »

「お役所仕事」とは言わせない!

就学支援委員会の判定会議でした。
百数十件の就学相談事例を1件ずつ確認していきます。
話し合いでは、「保護者の就学に対する意向は考慮に入れない」のが原則です。
しかし、それまでの療育経過や今後の支援方針、諸条件を考えていくと、「杓子定規」ではすまされないケースも出できます。
そんな時こそ、しっかりとした論議をします。その結果、「お役所仕事」だったらこうはならないという「柔軟な結論」を導き出すこともありました。
委員会の座長も役所のエライさんもみんな優しい顔をしています。

昨年、横浜であった全国規模の会議で聞いた、他の自治体の担当者の「お役所仕事」の話とは大違いです・・・

「誰のための支援なのか」がきちんと分かっていること。行政で一番大切なことです。

ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

|

« 母校と恩師と同窓生 | トップページ | モア・ノーマン »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/52565020

この記事へのトラックバック一覧です: 「お役所仕事」とは言わせない!:

« 母校と恩師と同窓生 | トップページ | モア・ノーマン »