« 入力系の課題と愛着形成の課題 | トップページ | 保護本能 »

Muito obrigado

放課後、外国籍のお子さんのおうちへ家庭訪問に行きました。
一泊二日の野外活動の説明や持ち物について詳しく説明した後、これまでのお子さんの成長や変化についての話になりました。
お母さんもお父さんも学校での学習のことだけでなく、家庭でもできることが増えたこと、両親の言うことや指示を聞けるようになったこと、家族のためになにかしてあげようという気持ちが持てるようになったこと・・・
通訳をしてくれた親戚のお姉さんはご両親のたくさんの思いをとても早口でいっぱい話してくれました。

「今度学校でカレーを作るんだ」と、元気よく家を出ることができるようになったこと。家に帰ったら宿題の「ガンダムプリント」を真っ先にやって、それをうれしそうに弟に見せびらかしていること。

子どもが笑顔でいることが親ごさんにとって一番うれしいことです。

たくさんのありがとうをもらって帰ってきました。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 入力系の課題と愛着形成の課題 | トップページ | 保護本能 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/52749431

この記事へのトラックバック一覧です: Muito obrigado:

« 入力系の課題と愛着形成の課題 | トップページ | 保護本能 »