« 「誰だってちょっと落ちこぼれ」 | トップページ | 動作性IQ »

WISC-Ⅲの解釈

AさんのWISC-Ⅲの解釈を書いていました。
親ごさんや担任の先生に結果を説明する時に使う結果報告書です。
Aさんは自閉症スペクトラムの特性のはっきりしたお子さんです。
できることも多いお子さんですが、やはりスペクトラムの特性である「言語理解の弱さ」と「シングルフォーカス」がしんどい部分の原因になっていました。

今後の支援方法などを具体的に書いた後に、
「一番大切なことは、周囲がAさんの特性を理解してあげることです。」
と付け加えました。

Aさんの検査結果を見ていて、実は本人が「どうがんばるか」よりも、周囲の大人の「理解と配慮」が一番必要であることに、今更ながら気付かされたのでした。

「ここがしんどいだよね、だからよく分かんないんよだよね。」という周囲のまなざしがとても大切だと思いました。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「誰だってちょっと落ちこぼれ」 | トップページ | 動作性IQ »

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/52639105

この記事へのトラックバック一覧です: WISC-Ⅲの解釈:

« 「誰だってちょっと落ちこぼれ」 | トップページ | 動作性IQ »