« "We are on your side." | トップページ | 授業はじめの10数秒 »

RTIについて

RTI(Response to Intervention/Instruction)について少し調べていたら、ちょうど特別支援教育ネットワークのMLで以下のような記事の紹介がありました。→こちら

これは特総研の海津研究員らの「通常学級における多層指導モデル(MIM)の効果」を参考にしたものです。

この論文のプレビューはこちら

論文内容等の紹介・要約はしませんが、MIMが「特殊音節の指導」だけにとどまらず、入門期のどの指導内容でも必要なアプローチであることは明らかだと思いました。

実はこれって、取り立てて最新のアプローチではなく、小学1年生を何回も担当している「ベテラン」教師が持っているスキルだと思うのです。
つまづきやすい子にもわかりやすい指導、幾層にも重なった繰り返しの指導、楽しみながら学ばせる指導。
このあたりのことをきちんと系統的にまとめていく仕事もしていかなければと思います。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« "We are on your side." | トップページ | 授業はじめの10数秒 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/53286116

この記事へのトラックバック一覧です: RTIについて:

« "We are on your side." | トップページ | 授業はじめの10数秒 »