« 「2人だけの理科室」 | トップページ | タイムタイマーについて »

資格を取るということ

印刷室で若い先生と立ち話をしました。

彼女が手に持っていたのは、カウンセリング関連のある学会のパンフレットでした。
聞くと、「カウンセリングについての資格を取りたいと考えている。」とのこと・・・

教師にとって、自分の専門性を深めたり、拡げていったりすることは、とても大切なことだと思っています。
子どもたちを取り巻く状況は年々厳しくなり、指導や支援が難しいケースも増えています。そんな中で「資格をとる」ことは、自らの教育実践にとって、大きな意義があることだと思うのです。

「資格を取るということは、学ぶ機会をさらに増やすということだから、がんばってね。」
と彼女にエールを送りました。

「資格を取ること」がゴールではなく、スタートであるのは、他のどんなことでも同じなのかもれません。
私も来年は、もうひとつチャレンジをしてみようと思っています。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「2人だけの理科室」 | トップページ | タイムタイマーについて »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/53523517

この記事へのトラックバック一覧です: 資格を取るということ:

« 「2人だけの理科室」 | トップページ | タイムタイマーについて »