« 覚醒 | トップページ | めざすこと »

感覚欲求

人は興奮しすぎず、ぼんやりしすぎない、適切な目覚めの状態を維持したいという欲求がある。これを感覚欲求という。これは食欲などの生理的欲求と同じレベルの欲求である。

感覚欲求運動として以下のような行動が見られる。
椅子をガタガタ鳴らす。離籍する。クルクル回る。
(前庭感覚不足)
物や人を叩く。鉛筆を噛む。体の一部を動かす。
(固有感覚不足)
大人から「問題行動」と見える行動も、子どもにとっては脳を調整している行動である。

感覚欲求を充足させるために
固有感覚
・休み時間におもいっきり体を動かす。(鬼ごっこ、リレー)
・トランポリン
・狭い空間を用意する
・教師と相撲をとる
・ジャングルジムや登り棒
・噛む道具
前庭感覚
・ブランコに乗る
・目的的に体を動かす機会を作る
触覚
・触れていられるものを用意する
・ボディブラシを持たせる
・小さく切った人工芝を椅子の裏に貼る
・風船に小麦粉を詰めたものをにぎらせる
・クッシュボール

(京都府作業療法士会特別支援教育OTチーム作成「特別支援教育に活かす作業療法の知と技」より)


私の勤務している自治体では、多くの支援学級に大きなトランポリンが備品としてあります。いくつかの学級にはOTの訓練で使われる大きなブランコが設置されています。計画的に指導・支援に使われている場合もあれば、休み時間の「お楽しみ」用に使われているところもあります。いずれにしても、子どもたちの「感覚欲求」に応えられるようにしています。
主治医からブラシを勧められて感情的になった時に自分でブラシングをしている子もいました。効果は明らかではありませんが、(プラセボとしても)ある程度落ち着くことができていたようでした。
「安心グッズ」として小さいボールや指人形の様な物をポケットに入れている子どもたちもいました。
ちょっとした個別の対応や工夫で、「安心できる」「楽になれる」「がんばれる」要素として、「感覚欲求」への対応は有効なようです。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 覚醒 | トップページ | めざすこと »

OTの視点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/53824680

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚欲求:

« 覚醒 | トップページ | めざすこと »