« 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 | トップページ | トレーニングパッケージ »

ビジョントレーニングの可能性

11・12日の2日間大阪で開催された国治研セミナー「学習機能を高めるビジョントレーニング」研修会に参加してきました。
北出勝也先生をメインに現場で実践されている12名の先生方の実践報告がありました。
このビジョントレーニング、どんな「困り感」にも対応できる「万能薬」ではありませんが、いろんな可能性を実感できる内容でした。
眼球運動や視空間認知に関してのトレーニングの成果は目を見張るものがありました。成果がでてきたことをお子さん自身も確認しやすいため、「自信」をつけることにもつながっていると思いました。
また、どの報告者も「楽しく取り組めること」を大切にされていることも印象的でした。

眼球運動のチェックなどは巡回先でもたくさんのお子さんたちに実施していますが、自分自身が隣の席の参加者にやってもらったりすることで、より適切な検査の方法を身につけることができたと思いました。

アセスメントをきちんと行い、ベースラインを確認してからきちんと取り組んでいくことの大切さも再認識しました。そして、学年末まであと少しの時期ですが、来年度を待たずに新しい取り組みを始めることにしました。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 | トップページ | トレーニングパッケージ »

視覚能力」カテゴリの記事

コメント

初めまして。静岡で選択理論を勉強している林薫と申します。
こちらのブログは、選択理論でお世話になっている方々に紹介していただきました。

私の夢は、子育て中のママや、軽度発達障害や自閉症のお子さんを持つママの支援をすることです。

発達障害について、専門的な知識を身に着けていけたらと思っています。

これからも、教えていただくことなどあるかと思います。どうぞよろしくお願いします。

林薫

投稿: 林 薫 | 2013年4月30日 (火) 23時27分

林さん、はじめまして♪
「選択理論」おもしろそうですね!
保護者支援はとても大切だと思っています。
こちらこそ、よろしくお願いしますね。

投稿: BOGEY | 2013年5月 4日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/53985057

この記事へのトラックバック一覧です: ビジョントレーニングの可能性:

« 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 | トップページ | トレーニングパッケージ »