« めざすこと | トップページ | ビジョントレーニングの可能性 »

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

ここのところ大々的にTVCFを打っているハリウッド映画です。
自閉症スペクトラムのお子さんが主人公です。
邦題のアナウンスがあった時は「え~そのまんまなの?」とちょこっと不満だったのですが、「案外いいかも」とTVCFを見るうちに思うようになりました。

なんとか時間を見つけて見に行こうと思います。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« めざすこと | トップページ | ビジョントレーニングの可能性 »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

ウチのチビが3.11に興味がある子で(原因や解決策はなかったのか・何故情報を黙認したのか等気になるようです)CMを見た途端
「お母さん、コレ観たい。遺族の事も知りたいの」
と言っていました。
メインの息子がスペクトラムを持っているという設定とは思いませんでしたが、よりADHDのチビには観て貰いたいかもしれません。
トムもサンドラの実力派&ヒューマン・ストーリーで乾いた心を潤すかなconfident

投稿: 瀬津喩 | 2012年2月10日 (金) 09時12分

瀬津喩さんコメントありがとうございますww

豪華な俳優陣でのハリウッドのヒューマンストーリー。
アメリカの懐の深さを感じます。

ご覧になったら、また感想をお聞かせくださいね。


投稿: BOGEY | 2012年2月12日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/53944472

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』:

« めざすこと | トップページ | ビジョントレーニングの可能性 »