« 「黄金の3日間」後 | トップページ | 光とともに第2巻 »

スペクトラムの子

ある巡回訪問先で

先生方が「スペクトラムの子で・・・」という表現の仕方をされるようになりました。

これは今のところ、この学校に限ってのことなのですが、

特別支援教育コーディネーターの意識の高さの反映かもしれないと思いました。


AD/HD、アスペルガー、高機能などという枠組みではなく「スペクトラム」という表現からは

「それで、この子は、スペクトラムのどのあたりで・・・」が続くと私は考えています。

今の子どもをどうとらえ、今後の支援をどうするかは子どもを「枠の中」に閉じ込めていてはできないことだと思っているのです。

よび方一つで変わるわけではないのでしょうが、

「はじめの一歩」としては大きいと思うのです。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「黄金の3日間」後 | トップページ | 光とともに第2巻 »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/54519283

この記事へのトラックバック一覧です: スペクトラムの子:

« 「黄金の3日間」後 | トップページ | 光とともに第2巻 »