« ぼくうみ | トップページ | 書店にて »

アプガー・スコアについて

就学相談活動の本年度のバディからのお尋ねの電話がありました。
「アプガースコア」についてです。
彼女は疑問は次の日に持ち越さないタイプのがんばり屋さんのようです。

ここ数年、「超低出生体重児」の就学や入学後の相談件数が増えていることは以前にも記事にしました。
今後も、これらのお子さんのケースは増えてくると予想されます。
ということで、「出生体重」と「アプガー・スコア」について調べてみました。

生下時体重による区分
1000g未満:超低出生体重児
1500g未満:極低体重出生児
2500g未満:低出生体重児
*妊娠37週未満を「早産児」といいます。

1000g未満の超低出生体重児は、年間約2600人生まれており、その数は年々増加傾向。


アプガースコア(AP)
生下時の状態(新生児仮死の度合いなど)をを示す指標が「アプガー・スコア」。

5項目を10点満点で評価し、5点以下を仮死(7~10は正常)とします。
出生後1分後と、仮死がある場合は5分後に採点する。
仮死児は5分以内に蘇生させないと後遺症が残るといわれているため。

1分後の数値より、5分後の数値がより重要で、5分後の値が低い程、予後は悪いとされている。
(妊娠26~36 週に産まれた 13,399 例の新生児に関して、新生児期の死亡率は、5 分アプガースコアが0~3の新生児では 1,000 人当り315人(およそ30%)という研究もある。)

Appearance - 皮膚の色
Pulse - 心拍数
Grimace - 刺激による反射
Activity - 筋緊張
Respiration - 呼吸数

カッコ内が点数
             
皮膚の色:
全身が蒼白(0)全身が青紫色 (1)身体が淡紅色(2)
 
四肢のチアノーゼ:
先端チアノーゼ(0)全身が淡紅色(0)チアノーゼがみられない(2)

心拍数:
60未満(0)60以上、100未満(1)100以上(2)

反射:
反応しない(0)顔をしかめる・弱く泣き出す(1)強く泣く・くしゃみやセキがでる(2)
    
筋緊張:
弛緩している(0)少しだけ四肢を動かす(1)活発に四肢を動かす(2)

呼吸数:
呼吸しない(0)弱い、または、不定期(1)強く呼吸する(2)


生後1分と5分に、上記の5項目について評価を行い、その合計点によって判断を行う。
0-2点 - 重症仮死
3-6点 - 軽度仮死
7点以上 - 正常
日本においては、以下のように評価することもある。
3点以下 - 第2度新生児仮死(重症仮死)
4-6点 - 第1度新生児仮死(軽度仮死)
点数が低い場合には、蘇生処置など、何らかの対処が必要となる。

(wiki,HUG&HUGを参考にしました)

アプガー・スコアを母子手帳に記載する医師としない医師がいるようです。
ちなみに1分時で0点、合計6点であった私の息子の母子手帳には記載されていませんでした。

ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« ぼくうみ | トップページ | 書店にて »

発達相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/55074467

この記事へのトラックバック一覧です: アプガー・スコアについて:

« ぼくうみ | トップページ | 書店にて »