« 「頑固」には訳がある | トップページ | 乗馬体験をしました »

「他を意識すること」

これは通常学級でも、支援学級でも言えることなのですが、
「他を意識すること」はとても大切なことだと思うのです。

他の子に対して、なんらかの手助けをすること
何人かの集団に対して、自分がリードして何かの活動を行うこと
自分を見てくれている人を意識して行動すること・・・

パーソナルではなく少しでもフォーマルな状況を作ってあげて、その中で活躍させることは、個別学習では身につけることのできない類の「自信」「意欲」「達成感」そして「自己有用感」などを実感させることができると思っています。

今日は支援学級の授業公開がありました。
みんながいつもよりがんばれたのは、ペアやグループの活動があったことや、たくさんの先生方に見てもらっていたことがあるからだなあ、と思いました。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「頑固」には訳がある | トップページ | 乗馬体験をしました »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/54852603

この記事へのトラックバック一覧です: 「他を意識すること」:

« 「頑固」には訳がある | トップページ | 乗馬体験をしました »