« スペクトラム児のための助詞指導 | トップページ | 「就学支援」の質・「支援」の質 »

フィンランドの小学生が作った「議論のルール」

facebookでシェアした記事です。

フィンランドの小学生が作った「議論のルール」

1. 他人の発言をさえぎらない
2. 話すときは、だらだらとしゃべらない
3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない
4. わからないことがあったら、すぐに質問する
5. 話を聞くときは、話している人の目を見る
6. 話を聞くときは、他のことをしない
7. 最後まで、きちんと話を聞く
8. 議論が台無しになるようなことを言わない
9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない
10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない

実はこの10項目の大半は、どの小学校でも担任が指導している内容です。
「話し合い・学び合い」活動を成立させるためにも、お互いの意見を尊重し合える関係を作るためにも、とても大切なルールだと言えます。

相手や集団を意識した言動ができるようになるためには、学校生活の中でこのようなルールが定着することが必要です。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« スペクトラム児のための助詞指導 | トップページ | 「就学支援」の質・「支援」の質 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/55244657

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドの小学生が作った「議論のルール」:

« スペクトラム児のための助詞指導 | トップページ | 「就学支援」の質・「支援」の質 »