« 「就学支援」の質・「支援」の質 | トップページ | ダイナミックな教科指導 »

「重度重複」

「重度重複」と呼ばれるお子さんたちの就学については、支援者の中でも意見が分かれるところです。

できるだけ、「交流・共同学習」を目指していきたいと考えても、交流学級でも支援学級でも、できることは限られている。
施設・設備も、支援の専門性も支援学校には、とうてい及ばない。
親ごさんの、地域の中で育てていきたいという願いもかなえてあげたい。
しかし、通常学級基準の日課・時間の流れ方はあまりにも急すぎる・・・

どこにも100点の答えはないのですから、
できるだけ、たくさん「想い」を出し合って、よりよい選択ができるようにしたいものです。

支援学校で行っている「月1回の地域校交流」なんてゆう中途半端な物でなく、
通級のような週1・2回の地域校での「交流・共同学習」なんていう柔軟な体制はとれないものなのでしょうか?

ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「就学支援」の質・「支援」の質 | トップページ | ダイナミックな教科指導 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/55317111

この記事へのトラックバック一覧です: 「重度重複」:

« 「就学支援」の質・「支援」の質 | トップページ | ダイナミックな教科指導 »