« 以前の記事を | トップページ | 「反面教師」 »

ビジョン&モーショントレーニング

「魔法のビジョントレーニング」はオプトメトリストが、「体の動き指導アラカルト」はOTがそれぞれの取り組みをまとめた書籍です。

内容的にとても似通っているものもあり、それぞれを補完しているものもあります。
通常学級や支援学級での取り組みにとても参考になる内容です。

今の小学校では、あまり手先や体の動きに対して有効な働きかけをしていないように思います。「ゆとり教育」批判は、結果として「知育偏重」への大きな方向転換になり、それが特性のある子の「しんどさ」を増幅している可能性も考えられます。
いろいろな活動の中で、意図的・計画的に目の動き・体の動きをトレーニングにしていくことは、「できた」を増やし「子どもを伸ばす」ことにつながるといえます。


INDEXは以下の通りです。

「魔法のビジョントレーニング」
自分の体の各パーツを知る
動物歩き
統制のとれたからだの動き
三半規管を鍛える
眼球の機動力

「体の動き指導アラカルト」
基本の運動が苦手
手先の動きが苦手
運動が苦手
その他の苦手



ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 以前の記事を | トップページ | 「反面教師」 »

視覚能力」カテゴリの記事

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/55414942

この記事へのトラックバック一覧です: ビジョン&モーショントレーニング:

« 以前の記事を | トップページ | 「反面教師」 »