« 第8回 臨床発達心理士全国大会 2日目 その1 | トップページ | 親ごさんのご意見ー生活スキルチェックー »

第8回 臨床発達心理士全国大会 2日目 その2

全国大会の最後は公開シンポジウム「『主体』とは何か?」
話題提供者は 田中康雄氏(こころとそだちのクリニック むずびめ)と浜田寿美男氏(奈良女子大)のお2人です。

冒頭に司会の須田治氏(首都大学東京)がお二人に、「発達障害への支援、そこに何があるのか?『自分が(に)力のない主体』をどう考えるのか?」というかなり挑発的ともとれる質問をされました。

田中氏は「自分(支援者)にも力がないなあ~。なんとか切り抜ける道はないのかな~。」とするりとかわし、
浜田氏は「(今ある)その力を使ってどう生きていくのかが問題。」とはね返されていました。

浜田氏の話題提供:
切り取ってできあがった「主体」は実際には存在せず、他者との出会い、他の主体との出会いで成立する。主体と主体の間に何らかの「もの」が入って、三項関係が成立する。
「発達支援」という言葉には、「個に力をつける」ということにアクセントが置かれているが、他の主体とのかかわりを支えるものになっているのかが重要。
「がんばれ」という言葉には、「今のままではいけない」という目線が含まれている。
「明日できるようになる力」で今日を生きることはできない。
人は体で生きている。ここの今で生きている。それ以外の力では生きられない。
「発達」は結果であって目標ではない。
今使っている力を使う体験が必要であり、そのことで相手になにかしてあがられる。その相手が喜ぶのを喜ぶ体験が重要。

「発達」ということは、あらたにつけた力を使って、あらたな世界をひろげるということである。
ここでは省略しますが、現在の学校制度や学ぶことの意味についても興味深いお話しがありました。著作から受ける印象よりも、お話しは随分わかりやすい語り口の先生でした。

田中氏の話題提供:
自ら「北大」の看板を下ろされてから、「下品」になったといわれている。とおっしゃっていましたが、私には「武田鉄矢」あたりが降りてきているように感じました。
笑いをとった後には、ぐっと締まった話題にもっていくところなど、名人芸だなあ(数年前に聞いた時とは随分違うなあ)と感じました。
生活を自分のものにして、それをほどほどのものにしていく。生活の困難さを一緒に悩み、少しでもよい方向へ向ける共闘を適正支援と呼ぶ。
支援には葛藤、動揺、戸惑い、悩み、わからなさが常につきまとう。人生の回答など誰も持っていない。それでも「不確実性」を引きうけ、「安心」にどうやってかえるのか。
臨床とは、「こちらの部分」に引っ張ってくるのではなく、「相手の世界に行く」半身入っていって、半分引っ張ってくるもの。
知識を蓄積することは重要であるが、生活の中で行かされなければ意味がない。
障害はIQの数字ではなく、生活の困難さによって判断されるものである。
生きづらさは、生きやすい人のために作られているから生れてくる。
誰かと一緒に悩む。それを選ぶのは「僕だ」(主体)
対人関係を含む生活環境が心を傷つけもすれば、勇気づけもする。
不確実さに折り合いをつける。もろさを共有する。不確実であることの覚悟をする。
急ぐ診断は生きづらさを無理に可視化させる危険性を持っている。

砂利道を歩いている人に「ひどい砂利道だねえ、つらかったらゆってね、何にもできないけど」

1時間のお話しの中に臨床事例から先達の研究成果、支援に対する「想いの深さ」まできっちりつまったお話しでした。
(以上、お二人のお話しのまとめではなく私の( ..)φメモからの抜粋ですのでご勘弁を)

関連ブログはこちらからご覧になれます⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 第8回 臨床発達心理士全国大会 2日目 その1 | トップページ | 親ごさんのご意見ー生活スキルチェックー »

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

とってもききたかったのですが、くたびれて断念してしまったので2日目午後のレポートありがとうございます。

よく考えてみたら大会テーマの割に「主体」の概念規定はなくそれをふたりの先生に任せてしまって良かったのかしら?と思いました。
ただ、我々のフィールドで考えられる主体はけっこう絞られてきますが…

投稿: Tom | 2012年9月23日 (日) 17時12分

そうでしたか、それは残念でしたね。
私はお二人のお話しを聞けて大変良かったと思いました。少なくとも、基調シンポを補って余りある内容でした。
「主体」をテーマにしてもお二人のフィールドやテーマからのアプローチになり、それが私にとってはとても興味深かったです。
シンポの最後あたりに司会者が「幸せとは?」なんて言い出すもんだから、また、「相互的トンチンカン」の話しになってしまいました。(これはfacebookの続きかな??)


投稿: BOGEY | 2012年9月23日 (日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/55690943

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回 臨床発達心理士全国大会 2日目 その2:

« 第8回 臨床発達心理士全国大会 2日目 その1 | トップページ | 親ごさんのご意見ー生活スキルチェックー »