« 私のしごと | トップページ | プラセボ8:少量11:多量12 »

「この子らは世の光」ーencourageされていたのはー

「この子らを世の光に」と知的障害者福祉の父、糸賀一雄氏は高らかに謳いました。


今日は運動会

子どもたちの精一杯の頑張りに、支援者も親ごさんたちも涙していました


感動を与えてもらったは

実は、私たち大人だったのです


encourageされていたのは

実は、私たちだったのだと

こらえきれない涙を帽子のひさしで隠しながら

確信したのでした


「この子らは世の光」なのだと

強く心に刻むのでした

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 私のしごと | トップページ | プラセボ8:少量11:多量12 »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
本当にその通りですね
正直、診断名が判ってからの方が息子の笑顔が増えてきたように思えます
その笑顔に私もたくさんの笑顔のお返しが出きるようになりました

先日、学校の校外学習で山梨の清里に一泊してきました
すべて、班行動です
レクリェーション係になり、夜のキャンプファイヤーなどを担当したようです
はじめての家族とは離れてのお泊りでした
お風呂にはちゃんと入れただろうか
お腹が弱い子なのでトイレは大丈夫だろうか
班のお友達に迷惑かけていないだろうか
一晩心配でしたが、翌日日焼けした顔でニコニコして帰宅しました
着替え、バスタオル、予備の着替え、汚れた物を入れる袋にそれぞれシールを貼り持たせました
帰宅後、荷物の入ったバッグを開け”これでよかったんだよね”って聞いてきたので見てみるとその通りに袋にまとめて入っていました
なんかそれだけで満足してしまいました

話は変わりますが、前回のお返事でセカンドオピニオンをとのお話でしたが、昨日就学相談室に提出する診断書等を受け取りに病院に行った時にコーディネーターの方がいらしゃったのでご相談してみました
”ご家族との意思の疎通がうまくいくことがお子さんの為ですからね、担当医を変更ということでやってみましょう”と言われました
私自身は主治医から言われた事を受け入れることは出来るのですが、主人は”あれはアドバイスでも何でもない”って感じなのです
これで(主治医変更は)よかったのでしょうか?

メール送信が上手く出来なかったのでこちらで送りました

投稿: ポテト | 2012年10月 2日 (火) 15時25分

ポテトさん、こんにちは♪
コメントとしてアップしましたが、不都合があればお知らせくださいね。
息子さんの校外学習、とてもいい経験や思い出になったようで本当によかったですね。
医療の選択権は常に受診する側にあるので、お子さんのためであれば、いつでも何回でも納得がいくまで変更されてもよいと思います。


投稿: BOGEY | 2012年10月 2日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/55776994

この記事へのトラックバック一覧です: 「この子らは世の光」ーencourageされていたのはー:

« 私のしごと | トップページ | プラセボ8:少量11:多量12 »