« 早朝の写メール | トップページ | 第8回 日本臨床発達心理士全国大会 »

積極的にセカンドオピニオンを・・・

これはコメントをいただいたPさんへのお返事です。

お子さんの様子詳しくありがとうございました。
聴覚過敏はうちの息子とよく似ているなあ、と思いました。
うちの子は息子さんのように「自分から行きたい!」とチャレンジすることは未だにありません。

私は、イヤホンのことについても、抜毛についてもドクターの見解が唯一のものだとは思いません。
過剰な刺激を軽減することが環境調整の観点でも大切なことだと思いますし。
「恥ずかしい」という気持ちを持つことで行動問題が解消するとも思いません。
また、親ごさんの責任であるような発言には同意できない部分が多いです。

地域の「支援センター」や別の医療機関などでセカンドオピニオンを聞くことをお勧めします。
息子さんのよいところを伸ばしてあげられる方向でのアドバイスがもらえることを願っています。


ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 早朝の写メール | トップページ | 第8回 日本臨床発達心理士全国大会 »

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
お返事感謝します
本日、通級学級の見学に行ってきました。主任教諭の方に今までの経緯をお話し、息子の事を理解していただいたようです 週1の通学なんですが、本人が嫌がらなければ通わせてみたいと思いました

診断名が分かり、私たち両親の息子への接し方が変化してきたの高1の娘と中2の息子は微妙に感じているようです
姉兄弟達にちゃんと話をしていないのですがスクールカウンセラーの先生に聞いてみたら言う必要はないのでは、と言われました
どうするべきなのでしょうか

投稿: ポテト | 2012年9月13日 (木) 13時19分

ポテトさんへ

新しい一歩が始まりましたね。お子さんが通級教室で楽しく学べることを願っています。
私は「診断名」はそんなに重要ではないと思っています。
本人にも「診断名を知らせること」ではなく、「どこが得意で、どこが苦手」と言うような具体的な「特性」を知らせることの方が有効であると思っています。
ご兄弟についても同様で、「こんな苦手を克服するために通級教室に行く。」という理解があればいいのではないかと思います。
お姉さんお兄さんとして、こんな風に接して欲しいということもお願いできるといいですね。

今後メールの方がよければ左側の「メール送信」からご連絡くださいね。

投稿: BOGEY | 2012年9月13日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/55610720

この記事へのトラックバック一覧です: 積極的にセカンドオピニオンを・・・:

« 早朝の写メール | トップページ | 第8回 日本臨床発達心理士全国大会 »