« やっぱりIEP | トップページ | 「就学支援」と「診断名」 »

SeekBack 10seconds

動画配信サービスのHuluは、再生・一時停止のボタンの横に、SeekBack 10 seconds(10秒戻る)というボタンを付けています。

ちょっと他に気をとられていて、ちょっとちがうことを考えていて、見逃した・聞き逃した。という経験は誰にもあると思います。
一回聞いただけでは理解できなかった。ということもあるかもしれません。
そんなときにとても重宝するボタンです。

学校で教師は、自分の話や指示を聞き返す子どもに、
「さっき言いました、ちゃんと聞いていなさい。」とか、
「何回言ったら、わかるんですか?」と叱ってしまうことが多いようです。

一言ももらさずに一回で聞き取ることはとても難しいことです。
「言葉」はその場からすぐに消えていくものです。
大切なポイントは黒板に書くなどの、効果的な視覚支援とともに、「SeekBack 10 seconds」のような配慮があってもいいと思うのでした。

私は、「さっきなんて言ったか、教えてあげて。」と他の子に頼み、きちんと教えてあげることができた子を誉めることにしてます。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« やっぱりIEP | トップページ | 「就学支援」と「診断名」 »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/56853286

この記事へのトラックバック一覧です: SeekBack 10seconds:

« やっぱりIEP | トップページ | 「就学支援」と「診断名」 »