« スマホのゲームにはまっている・・・ | トップページ | 二重経路カスケード・モデル »

「お母さん、あなたのせいではありませんよ。」

常々、保護者支援が必要だと感じています。

特に、お母さんに対するサポートは日常的に、そして、ていねいに行う必要があると思っています。

「特性や障害」と呼ばれているもの自体を、自分のせいだととらえているお母さんは、少なくなりました。

しかし、子どもの、「~ができない。」「困った行動をする。」など生活面や学習面での「十分でないところ」を自分のせいだと考えているお母さんが、ずいぶん多いと思うのです。

これは、周りの「支援者」に原因があります。

「できる・できない」だけでその子を評価したり、日常的な支援者の「困り感」をそのまま母親に投げかけたりすることが多いからです。

「すみません。私が悪いんです。」と話すお母さんには、

「お母さん、あなたのせいではありませんよ。」と必ず声かけをしてほしいのです。

子育てや療育は保護者と支援者が一緒に考えていくこと、取り組んでいくことが一番大切です。

簡単に解決法が見つかるわけではないけれども、誰かのせいにするのではなく、共に悩み・困りながら、少しずつ前に進んでほしいと思っています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« スマホのゲームにはまっている・・・ | トップページ | 二重経路カスケード・モデル »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/57835693

この記事へのトラックバック一覧です: 「お母さん、あなたのせいではありませんよ。」:

« スマホのゲームにはまっている・・・ | トップページ | 二重経路カスケード・モデル »