« facebookの「いいね!」で考えたこと | トップページ | 「健康」な自閉症スペクトラム障害児者をめざして »

合理的配慮:予算をつけること

日ごろは、支援の中身についての仕事をしているのですが、就学支援では、内容だけでなく、予算や人の配置についても大きな課題となります。
「この子のために、人が必要」と判断されれば、予算を何とかしなくてはなりません。
もちろん担当部署間の連携や相互理解が必要になります。
「合理的配慮」がどれだけできるか、はどれだけ「予算をつけられるか」にかかっているのは確かなことです。
いろんなルートを通して、うまいこと「つけて」もらえるように働きかけれるといいのですが・・・

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

|

« facebookの「いいね!」で考えたこと | トップページ | 「健康」な自閉症スペクトラム障害児者をめざして »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/58007948

この記事へのトラックバック一覧です: 合理的配慮:予算をつけること:

« facebookの「いいね!」で考えたこと | トップページ | 「健康」な自閉症スペクトラム障害児者をめざして »