« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

ついにiPad投入!

いよいよ、支援学級に私物の「初代iPad」を投入します。

これまでは、いろいろな事情で、使えなかったのですが、今年は少人数のため活用できます。

まずは、文字の学習から・・・

先日、総合病院で、お子さんのOTやSTの見学をさせていただいて、さらに参考になる事も増えたので、プリントだけでなくアプリも使っていこうと考えています。

子どもたちの意欲をかき立てることができるツールは重宝しそうです。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

課題設定のレベル

あるお子さんの「療育」を見学させていただきました。

わが自治体ではもっとも経験のある心理士さんの療育場面です。

一番に驚いたのは、課題設定のレベルが私の考えているものより
かなり低いものだったのです。

数は1~5までで、ゲーム感覚で楽しみながら取り組んでいます。
ひらがなは書かせず、言葉での回答のみ。
間違えても、必要以上に繰り返させません。

少しでも難しいようだったら、問題数を半分にし、
レベルもすぐに落としていきます。
確かに抵抗なく取り組め達成感も高まります。

なるほど、
基礎がしっかりしていなければ、
その上に堅牢な建物は建たないものなのですね。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エールを胸に

職員室でスケジュールカードや教材を作っていると

「ひも通しや、ビーズ通しもするんですね。こうゆうのって大切ですよね。」

と、声をかけてくれる同僚がいます

「Yさん、とってもいい表情をしていましたよね」

支援学級でのYさんの様子を見てくれて

こんなうれしい声をかけてくれた同僚もいました

一人ではできない事も

素敵なスタッフや

理解ある同僚に恵まれると

思いのほか

前進するものなのだと・・・

まずは「初めの一歩」

なのです♪

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »