« ついにiPad投入! | トップページ | 支援学級でできること »

フォーマルな立場

支援学級でも、通常学級でも同じことですが、

みんなの前に立って、しっかりと話をすることは、本人にとって大きな力になる事と共に、他の子への影響力も大きいと考えています。

朝の会でのスピーチであるとか、学級会・学年集会での司会や意見の発表など、多くの場で取り組むことを、巡回訪問でもお勧めしています。

この活動の「機能」については以前の記事に書きましたので省きますが、個の成長だけでなく、学年やひいては学校を変えていく大きな力になることは明らかなのです。

言動がパワフルなために、先生が「困っている」お子さんには、ぜひとも「フォーマルな立場」での活躍の場面を意図的に作ってあげて欲しいと思っているのです。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« ついにiPad投入! | トップページ | 支援学級でできること »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

以前にもちょっとコメントさせていただいたことがあります。

支援級に通う2年生の娘ですが、
1年生の修了式の際、
1年生代表として「一年を振り返って」という発表をさせてもらいました。
代表で出たのは5年生と1年生ときいてびっくり。
先生方がクラスの枠を超えて、
個性を伸ばそうと考えてくださってることに感謝の気持ちでしたが、
フォーマルな場面での発表って、
いろいろ意味合いがあるんですね。

投稿: くすくす | 2014年6月18日 (水) 15時41分

くすくすさん♪
コメントありがとうございます。
娘さんの発表、素敵ですね!
支援級の先生だけでなく、学校挙げて娘さんを応援し、支援している姿がとても素晴らしいと思います。
フォーマルな場所での経験は、娘さんのこれからの人生の中でとても大きな大きな意味を持ってくると思います。
私の勤務校も、娘さんの学校に負けないような学校にしなくっちゃと思いました。

投稿: BOGEY | 2014年6月22日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/59831997

この記事へのトラックバック一覧です: フォーマルな立場:

« ついにiPad投入! | トップページ | 支援学級でできること »