« フォーマルな立場 | トップページ | 専門家じゃあないけれど・・・ »

支援学級でできること

支援学級で担任しているお子さんが、病院や療育センターで療育であったりST・OTなどの訓練を受けているのでしたら、何としても見学に行って下さい。

それぞれの取り組みを見学することで、その子の見立てや、課題設定のレベルが判ると思います。

学校で担任がとらえている課題レベルと違っていたり、取り組み内容が違っていたりすることも多くあるのです。
そして、できれば担当者と支援についての意見交換ができればベストです。

支援学級で取り組める内容も結構ありますし、参考になるアプローチも見つかるはずです。
そして、何よりも毎日取り組めるという教室の強みが際立って来るはずです。

安易に「下学年の教材を漫然と」指導するのではなく、その子の「今と未来」のために何ができるのかを明らかにするチャンスになると思うのです。

「支援学級でできること」はかなり多くそして重要だと思うのです。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« フォーマルな立場 | トップページ | 専門家じゃあないけれど・・・ »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/59844314

この記事へのトラックバック一覧です: 支援学級でできること:

« フォーマルな立場 | トップページ | 専門家じゃあないけれど・・・ »