« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

「習慣とは」

哲学に関する番組をETVで放送していました

「習慣は日々の”違い”を無視したもの」という

現代哲学の巨人ドゥルーズの言葉を紹介していました

この話を聞きながら

日々の”違い”を”無視しづらい”タイプのお子さんのことが想い浮かんで仕方なかったのです・・・

「無視できなかったらとても生きづらいのです」とまで若い哲学者は断言します

一時は哲学を志した時期もあっただけに

もう一度「新しい概念」を見つける旅に出るのもいいかもしれないと

思ったのでした

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「誰も責めない支援」

梅花女子大学の伊丹昌一教授がよく使われるフレーズです

教師や支援者という職業をしている人の中には

「この子が~という「障害」だから・・」とか

「親が~だから・・・」とか

「前の担任が~だから・・・」とか

自分以外の人のせいにした

聞くに堪えない不平不満を平気で口にする人がいます

「だからあなたは何もしないのですか?」と

喧嘩腰になる事はさすがに今はないのですが

誰かを責めても

何一つ前に進むことはないのです

目の前の子に

今、あなたができることは

謙虚にその子から学んでいくべきだと思うのです

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

続きを読む "「誰も責めない支援」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの子たちのくれたもの

卒業したお子さんたちの親ごさんとの
楽しい食事会がありました

近況報告や
これからのことなど
話はつきませんでした

ずっと繋がっていられることに
感謝の気持ちでいっぱいです

今度は
あの子たちが楽しめる「行事」を
企画したいな~とも思いました

「出会い」

あの子たちがくれたものは

とってもあったかでうれしいものです

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »