« 900000アクセスありがとうございます♪ | トップページ | やっぱり、応用行動分析 »

タブレット端末の可能性

私物の初代のiPadを教室に導入して半年がたちました。

直観的な操作性と楽しいレスポンスはどの子にとっても、

とても親しみやすく、学習意欲をかきたてるものでした。

学習活動の最後の「お楽しみ」もiPadのアプリであることが多くあります。

しかし、現場ではなぜか「ゲーム機」扱いなのが残念です。

もう一つ残念なことに、パソコン室にある液晶着脱式のPCもほとんど使われていないのが現状です。

ちょいとこのあたりの「魅力」を通常学級の先生方にも紹介していこうと考えているところです。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 900000アクセスありがとうございます♪ | トップページ | やっぱり、応用行動分析 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/60343014

この記事へのトラックバック一覧です: タブレット端末の可能性:

« 900000アクセスありがとうございます♪ | トップページ | やっぱり、応用行動分析 »