« 親も子も楽しい日々を送るために | トップページ | 学級を「建て直す」 »

人生を語ること

かなり重要で深刻な保護者相談が2件立て続けにありました。

詳細はここでは書けませんが、

どちらも結局は、本人の「幸せ」の話にたどり着きます。

どのような人生を歩むかは、最終的には本人が決めることですが、
そこまでの「離陸準備」を保護者と学校が協力して、してあげなければならない。

両者が「幸せ」とは何なのかを、共有しなければならないと思ったのでした。

実は、私は高校生の時に、
真剣に「社会福祉系の大学か哲学科か」と悩んでいたのです。
とても尊敬していた先輩に相談して、今の「道」を選んだわけですが、
していること、言っていることは、結局は同じなのだと、
今、改めて思うのでした。

「穏やかに、楽しく生きること」

実は、だれもが望んでいることなのだと思うのです。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 親も子も楽しい日々を送るために | トップページ | 学級を「建て直す」 »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/60609437

この記事へのトラックバック一覧です: 人生を語ること:

« 親も子も楽しい日々を送るために | トップページ | 学級を「建て直す」 »