« 感情や行動のコントロールができる環境できない環境 | トップページ | 「卒業おめでとう」 »

自分の成長を自覚すること

ある学級で、「荒れていた」二人の子と話をしました

事あるごとに、担任に反抗し

大声を出し、離席もしばしばありました

私がその学級に入っていた時も

事あることに「突っかかってきた」子たちでした

3学期になって、随分落ち着いてきました

他の子が「荒れている」時も

落ち着いて静観していられるのです

「なんで変わったん?」と聞くと

1人は

「3学期になって、今のままでは、あかんと思たん」と清々しい顔で答えてくれました

もう1人は

「○○先生がおったから」と私の名前を出してくれました

彼らの変化を評価し続けたことを、きちんとわかってくれていたんだと

涙が出るくらいうれしかったのです

どんな子もみんな成長している

ただ、それを自覚することがもっとも大事なことだと

改めて感じるのでした

自己肯定感は

成功体験や成長の自覚なしには生まれてこないものなのです

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 感情や行動のコントロールができる環境できない環境 | トップページ | 「卒業おめでとう」 »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/61271943

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の成長を自覚すること:

« 感情や行動のコントロールができる環境できない環境 | トップページ | 「卒業おめでとう」 »