« マッチした課題があれば | トップページ | 自閉症スペクトラム研究 »

読み違い

今まで「荒れた」学級・学年へのアドバイスとして、

学級だけの指導だけでなく、学年全体での「学年集会」が効果的でより「公け」な場で活動させることが大切だと言っていたのですが、今回のある学年のケースでは「読み違い」をしました。

新学年を迎えて、子どもたちはしっかりと自ら「リセット」でき、担任の指導も適切であったので、すばらしい「黄金の3日間」を過ごしたのでした。

しかし、5日目の学年合同体育の時間、
お互いに刺激し合い、共振し合って、昨年の「荒れ」を思い出しそれを再現し始めた子たちがいたのです。

放課後すぐに、学年団の先生と話し合い、まずは「学級集団」を更に高め、学習規律を確立していくこと、そして、ゴールデンウィーク明けには、「学年」として活動できるようにすること、などを、短期目標として取り組むことになりました。

個々の「支援」も大事ですが、このような「学級・学年」への支援は、同じか、それ以上に大事だと思ったのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« マッチした課題があれば | トップページ | 自閉症スペクトラム研究 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/61420110

この記事へのトラックバック一覧です: 読み違い:

« マッチした課題があれば | トップページ | 自閉症スペクトラム研究 »