« 「自立」とはなにか? | トップページ | 生活年齢が支えるもの »

校内特別支援教育研修会

明日の勤務校での、「特別支援教育全体研修会」の準備が今夜の仕事の一つ目。

今までは、支援方針や支援体制などの文書提案に対して意見を交流する会だったのですが、今年は「ケース会議」を全員で行うことにしました。

一人のケースを検討する中で、自分のクラスの「あの子」のために、「どこを、どんなふうに支えていくことが一番大切か」を考えていくきっかけにしてほしいと思ったからです。

1検討テーマ
2基本情報
3生活歴、能力(生活スキル・社会性・学校での様子)
4生活サイクル
などを提示し、大まかなエコマップやジェノグラムを作成していきます。

ここでグループ討議(その1)「さらに知りたい・明らかにしたい情報は?」
担任からの補足説明後、
グループ討議(その2)「今後の支援の具体例」をし、全体で交流する計画です。

このようなケース会議を何回も経験することは、これからの教師(特に通常学級担任)にとってはとても大切だと思っています。

さて、ひとっ風呂浴びてから、2つ目に取り掛かることにしましょう。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「自立」とはなにか? | トップページ | 生活年齢が支えるもの »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/61614491

この記事へのトラックバック一覧です: 校内特別支援教育研修会:

« 「自立」とはなにか? | トップページ | 生活年齢が支えるもの »