« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月

中学校支援学級「進路学習」の取り組み

近隣の小中学校の支援学級担任が集まった研修会がありました。

今回は、中学校支援学級での「進路学習」の授業をビデオで見せていただきました。

1年生から3年生までの4人がパソコン室で調べ学習をしています。
調べるのは、地元で「内申点」なしで入学できる、いくつかの高校や(高校卒業資格が取れる)学園のことです。

それらの学校へのアクセスやその学校の学習内容。
進学先や指定校、就職先も詳しく見てメモをしていきます。
「あ、お父さんの会社がのっとる!」
ある生徒が嬉しそうに話します。
1年生の生徒は、熱心に最寄りの駅からの地図をかいています。
その後、実際に見学に行った時の、「質問事項」をそれぞれまとめていました。
「パン注(注文販売)はありますか?」こんなかわいい質問もその中にはありました。

この調べ学習でまとめたことをもとに、次週は「学校見学」を行うとのことでした。
1年の時から全員で行っているこの「進路学習」は、
将来への見通しを持つことできるだけでなく、今どんなことをがんばったらいいのかを
考えるきっかけにもなると感じたのでした。

このような取り組みが多くの学校で取り組まれるようになればと思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」

「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」

中国歴代王朝の主なものです

通常学級で6年生を担任した時は必ず

「日本国憲法前文」と共に暗唱していたものです

20年ぶりに会う教え子もいた先日の同窓会で

どの子も「ああ~~~あれあれ~~~」と言ったのが

この「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」でした

「あれ、高校の時、役に立ったよな~~」と口をそろえて言っていました

実は日本史だけでなく、どの国の歴史も、この歴代王朝とリンクさせていくと

世界史の全貌が見えてくるのです

こうゆう「キーワード」はきちんと覚えちゃうこと

実はとっても大切なのです

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想定外の出来事があったら・・・

今朝の事です

てんかん発作の可能性があるお子さんが

支援学級での朝の会の時に、いきなり「船を漕ぎだしました」

目も白目になりがちになったので

支援員のM先生が、すぐにバスタオルを机にひいて寝かせてくれました

今までなかった想定外の出来事があった時

すぐに移さない、大きな刺激をしない、様子を見る・・・

保護者に連絡、対応を相談・・・

基本の「き」ではあるのですが

咄嗟にできる体制であることが頼もしいと思ったのです

幸い、教室の畳スペースに布団を敷いて寝かせ、しばらくしたら

いつもの元気な様子を見せてくれました

原因は「睡眠障害」の可能性も考えられるようです

チームで考え、チームで対応すること、

これからも大切にしたいと思いました

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »