« 生活年齢が支えるもの | トップページ | 「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」 »

想定外の出来事があったら・・・

今朝の事です

てんかん発作の可能性があるお子さんが

支援学級での朝の会の時に、いきなり「船を漕ぎだしました」

目も白目になりがちになったので

支援員のM先生が、すぐにバスタオルを机にひいて寝かせてくれました

今までなかった想定外の出来事があった時

すぐに移さない、大きな刺激をしない、様子を見る・・・

保護者に連絡、対応を相談・・・

基本の「き」ではあるのですが

咄嗟にできる体制であることが頼もしいと思ったのです

幸い、教室の畳スペースに布団を敷いて寝かせ、しばらくしたら

いつもの元気な様子を見せてくれました

原因は「睡眠障害」の可能性も考えられるようです

チームで考え、チームで対応すること、

これからも大切にしたいと思いました

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 生活年齢が支えるもの | トップページ | 「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/61681390

この記事へのトラックバック一覧です: 想定外の出来事があったら・・・:

« 生活年齢が支えるもの | トップページ | 「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」 »