« 「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」 | トップページ | 保育園での取り組み »

中学校支援学級「進路学習」の取り組み

近隣の小中学校の支援学級担任が集まった研修会がありました。

今回は、中学校支援学級での「進路学習」の授業をビデオで見せていただきました。

1年生から3年生までの4人がパソコン室で調べ学習をしています。
調べるのは、地元で「内申点」なしで入学できる、いくつかの高校や(高校卒業資格が取れる)学園のことです。

それらの学校へのアクセスやその学校の学習内容。
進学先や指定校、就職先も詳しく見てメモをしていきます。
「あ、お父さんの会社がのっとる!」
ある生徒が嬉しそうに話します。
1年生の生徒は、熱心に最寄りの駅からの地図をかいています。
その後、実際に見学に行った時の、「質問事項」をそれぞれまとめていました。
「パン注(注文販売)はありますか?」こんなかわいい質問もその中にはありました。

この調べ学習でまとめたことをもとに、次週は「学校見学」を行うとのことでした。
1年の時から全員で行っているこの「進路学習」は、
将来への見通しを持つことできるだけでなく、今どんなことをがんばったらいいのかを
考えるきっかけにもなると感じたのでした。

このような取り組みが多くの学校で取り組まれるようになればと思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」 | トップページ | 保育園での取り組み »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/61728955

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校支援学級「進路学習」の取り組み:

« 「殷周秦漢晋隋唐宋元明清」 | トップページ | 保育園での取り組み »