« 「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その1 | トップページ | 「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その3 »

「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その2

2本目の研究発表は「K‐ABC2を活用した年長児への円滑な就学を目指した保育活動」徳島県海陽町の濱野よしの先生の実践でした。

人口1万人の海陽町には40名の年長児がおり、その全員にK-ABC2を実施して、個に応じた就学支援や保育活動を行っていくとのことでした。
濱野先生は就学前個別児童教室「のびのび教室」の担当で、町内の全4園を対象に「巡回のびのび教室」も担当されています。
巡回では、各園全19回のプログラムの集団保育活動を担当されており、その内容は保育5領域と小学校での関連教科を意識したもので、SSTにもなるプログラムであるとも感じられました。
担任の保育士は担当する園児の反応や様子を客観的に観察しながら、保育内容・指導方法も学ぶというOJTにもなっています。
行政区全体の保育レベルの向上にも大いに貢献している活動であるといえ、就学前支援の取り組みの「パイオニア」であるとさえ感じました。

実はこの時、悉皆のK‐ABC2検査に驚いていたのですが、翌日の研究発表で知り合った東京都町田市の心理士さんとの話でもっと驚きました。
町田市は就学相談対象児全員に知能検査を実施していること。町田市は人口約43万人。ですからおよそ300人に田中ビネーやK‐ABC2などを実施しているということになります。つまり町田市は、それだけの予算を就学相談に充てているということです。
子ども一人一人に適した就学先や支援内容を検討することは、それだけ大切なことだと位置づけられていることを羨ましくさえ感じました。

その3に続きます。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その1 | トップページ | 「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その3 »

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/64097908

この記事へのトラックバック一覧です: 「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その2:

« 「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その1 | トップページ | 「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その3 »