« 子どもの「トランスジェンダー」 | トップページ | UP TO DATE »

「-2.5SD」

統計学的に-2.5SD(標準偏差)は1000人に6人です。

DQにしても、IQにしても、体重や身長にしても、統計学的に同様です。
「偏差値偏重」教育はNOですが、これは教育政策に対してのことで、科学的な根拠に基づくエビデンスのある理論は尊重すべきだと考えています。

今日は、今年最後の「巡回訪問」
養護教諭に詳しいデータや話を聞き、その後担任と「保護者の理解や協力」が必要なケースについて話し合いました。

まずは「信頼関係」の構築・・・
これなしに、私たちの「支援」は成り立たないと思うのでした。

とても丁寧な先生方の見送りを、ありがたいと思いながらの「仕事収め」なのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 子どもの「トランスジェンダー」 | トップページ | UP TO DATE »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/64651981

この記事へのトラックバック一覧です: 「-2.5SD」:

« 子どもの「トランスジェンダー」 | トップページ | UP TO DATE »