« どんな支援が「適切」なのか? | トップページ | 女の子の発達障害 »

〇か×でなく

知り合いのスクールカウンセラーから、WISC4の解釈について相談を受けました。

私も少し関わらせていただいたお子さんの検査結果についてです。
ある下位検査の結果が極端に低いことをどう解釈したらいいかわからないとのことでした。
(もちろん守秘義務等の関係でお子さんのことも、検査項目・内容なども具体的には書けませんが・・・)

彼女の書きこんだ検査用紙には、大変詳しく検査時にお子さんがどのように正答したのか、どんな誤答をしたのかが書かれていました。

問題となった下位検査を一問ずつ2人で見直していくと、単に正答・誤答というレベルではなく、どのような方略で解答を導き出しているのかが明らかになってきました。また、プランニングや注意の「特性」も仮説レベルではあるのですが見えてくるのでした。

その後は、その仮説を踏まえて、お子さんの担任と3人で今後の支援について話をさせていただきました。

検査は〇か×かだけでなく、その子の「認知特性」=「がんばりかた」を見定め、どのようにアシストしていくかを大事にしたいものだと改めて思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです「本日第4位♪」⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« どんな支援が「適切」なのか? | トップページ | 女の子の発達障害 »

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

このように丁寧で その子を思い浮かべながら「頑張り方」を認め、アシストする方向を大事にしていることても嬉しく拝見しました。それもその子を知っている皆で(担任の先生は特に入っていて欲しい)。

SCさんの「どのように回答したのか?」を細やかに見ておられるところも素晴らしい!こういうSCさんも多くおられるのだなぁと頭が下がります。

 私は心理士ではなく小学校の通級教室担当教諭。通常級の担任や専科の先生方と同じです。これまで勉強でのテスト〇つけは正直楽しみでもあり頭の痛いところでもありました。学習のテストは検査ではありませんが『どうしてここを間違えたのかなぁ?この消しゴムで消したところはなんて書いてあったのだろう?風邪気味だったのに良く最後までやったなぁ。友達とケンカの後だったけど。あれは給食のいい匂いがしていた時だったかも・・?』等々学校生活とその子の学習や表情を重ねながら答案用紙を見てました。今は、その子の通級でのことばや行動を何度も反芻しながら関わり方を模索している日々です。色々な支援の形がある中、その子の「今」が思い浮かべられものであって欲しいと思っています。教師には成績つけというとっても苦しい師走であります。

投稿: 赤根 修 | 2016年12月 4日 (日) 09時10分

赤根さん~!
コメントに気付かないまま、年を越してしまってました。m(__)m
今年もよろしくお願いしますね~♪

一人一人の「頑張り方」を認めながら、明日からもお互い頑張りましょうね!!!

投稿: BOGEY | 2017年1月14日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/64578746

この記事へのトラックバック一覧です: 〇か×でなく:

« どんな支援が「適切」なのか? | トップページ | 女の子の発達障害 »