« 20年先の「姿」を展望しながら | トップページ | 「個別の支援計画」は面倒!? »

アナログのよさも

支援学級の「校外学習」で名古屋市科学館に行きました。

特別展は「チームラボ」。海外でも人気を博したという、インタラクティブ体験満載の企画でした。
もちろん子どもたちは大喜びで、PCとプロジェクターが織りなす世界を楽しんでいました。

でも、特別展と同じぐらい、常設展示の科学実験もうんと楽しんでいました。
一番盛り上がったのは、ばねの材質によるボールのスピードの違いの実験。
ピンボールのように、ノブを引っ張って離すだけのとても簡単な実験です。
友だち何人かで並んで、仲良く何回もボールを打っていました。

デジタルもよし、でもアナログのよさも負けてはいません。

どちらのよさも生かしながら、「楽しい授業」を作っていきたいと思いました。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 20年先の「姿」を展望しながら | トップページ | 「個別の支援計画」は面倒!? »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/64809245

この記事へのトラックバック一覧です: アナログのよさも:

« 20年先の「姿」を展望しながら | トップページ | 「個別の支援計画」は面倒!? »