« 「エンカレッジ」 | トップページ | アナログのよさも »

20年先の「姿」を展望しながら

「重度知的障害・運動機能障害」と診断されている低学年のお子さんのご両親とお話をさせていただきました。

就学前は「不安」しかなかったが、小学校入学後はお子さんの「今」を「安心」できているとのことでした。

現在、学校で取り組んでいることだけでなく、将来の事まで話が広がってきました。

私が20年ほど前に担任した(同様の「障害」の)お子さんが、昨年「グループホーム」に入り「自立」への道を着実に歩んでいることをお話しながら、お子さんの20年後についても考えていこうと、さらに前向きな話になりました。

それまでに少しずつ、けっしてあわてずに、「自立:豊かな人生(QOL)」に向けて必要なことを積み上げていくことが大切ですね、とお話ししました。

未来の「姿」を展望した時に、今の「思い込み」や「近視眼的な取り組み」が本当に「価値」があるものかどうか・・・
これは支援者にとって、大きな課題なのです。

本人や親ごさんの願いを、しっかりと受け止め、それに応えられるような「支援」を共に作っていけることができたら、と思ったのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「エンカレッジ」 | トップページ | アナログのよさも »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/64801789

この記事へのトラックバック一覧です: 20年先の「姿」を展望しながら:

« 「エンカレッジ」 | トップページ | アナログのよさも »