« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

支援パッケージの作成「ひらがなの読み」

巡回相談でどのように支援するかの「具体例」として、

教師が簡単に取り組めて、効果の期待できる「支援パッケージ」をいくつか作成し、紹介してきました。

「書き写し教材」(低学年用)や「ビジョントレーニング」、「10の補数&かけ算の基礎」・・・etc

この時期は、1年生の先生からの訪問要請が増えます。
そこで、かねてから「これは絶対要る」と思っていた「ひらがな音読」の支援パッケージを準備しています。

といっても、このテーマでは、RTIモデルをベースとした「鳥取大学方式」の右に出るものはありません。

とりあえず、鳥取のような「行政が中心となった悉皆アセスメントと支援体制」は、できそうにもないので、先ずはそれぞれの学級ですぐに取り組めるアセスメントと支援方法をパッケージにしたいと思っています。

1年生の観察相談を依頼された学校への訪問は4日後なので、ちょっと急いで仕上げます。

「鳥取大学方式」については鳥取市教育センターの「ひらがな音読支援」の取り組み
をご覧ください。支援ツールの「音読指導プログラム」はスマートフォンアプリなので誰にもいつでも取り組めるものになっています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »