« 「学級文化」を創りあげていくこと | トップページ | 120万アクセス大感謝! »

自閉症スペクトラム学会資格認定講座に参加して

5月27・28日の両日「自閉症スペクトラム学会北陸支部第11回資格認定講座」に参加してきました。

6講座中、発達障害を専門とするドクターの発表が3講座ありました。
1つ目は、「オキシトシン」の治験報告。
複数の大学が連携して臨床試験を行っているとのことでした。自閉症スペクトラムの原因解明はまだまだ先の事ですが、効果のある治療法が確立されることの可能性を感じる報告でした。
2つ目は、「遺尿」「睡眠障害」「カタトニア」などに対する薬物療法の効果について。
国内トップクラスの症例数を扱っているドクターの報告だけに、とても説得力のあるものでした。
3つ目は、「医療の観点から見たASD治療とエビデンス」
概論的な内容でしたが、治療法の「エビデンスレビュー」も発達障害の「外在化障害・内在化障害について」もあり、なかなか聴きごたえのあるものでした。

他の3講座も大変興味深いものでした。
アセスメントについての講座では、「MEPA-R」の紹介がありました。もうこれ以上,、学会や研究会には加入しないつもりだったのですが、「ムーブメント教育・療法」も非常に魅力的なものだと感じました。

今回の講座は、改めて、医療と教育・療育の連携の重要性と、教育・療育の専門性の向上を強く感じる内容なのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「学級文化」を創りあげていくこと | トップページ | 120万アクセス大感謝! »

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/65341008

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症スペクトラム学会資格認定講座に参加して:

« 「学級文化」を創りあげていくこと | トップページ | 120万アクセス大感謝! »