« バトンタッチ | トップページ | 人生初の一等賞 »

「学習性無力感」について

長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなる。

そのような無気力状態を「大人・教師」が教え込んでしまうことがある。

これを「学習性無力感(Learned helplessness)」と言うそうです。

今日、受講した研修会で話された話題の一つです。

巡回訪問で、このような状態のお子さんに出会うことがありました。その子のせいでないことは、確かにわかってはいたのですが、この用語を今まで知らなかったので、調べてみました。

自己評価」「自己有用観」「自尊感情」を低下させ、「無気力」にしているのは、もしかすると「支援者」を名乗る人なのかもしれません・・・

以下、いくつかのサイトからの「引用」です。

  米国の心理学者であるセリグマンら(1967年)によると「回避不能な嫌悪刺激にさらされ続けると,その刺激から逃れようとする自発的な行動が起こらなくなる」という。

セリグマンらは,犬を使った次のような実験を行った。

 ボタンを押すと電気ショックが止められる装置のついた場所に犬を入れます。また,もう一匹の犬は,何をやっても電気ショックを止めることのできない場所に入れ,両者の行動を観察するというもの。その結果,前者の犬は,ボタンを押すと電気ショックを回避できることを学習し,自発的にボタンを押すようになった。しかし,後者の犬は何をやっても回避できないため,ついには何も行動しなくなり,甘んじて電気ショックを受け続けるようになった。

 続いて,両者ともに,あらためて,電気ショックを回避できる部屋に移動して実験を続けたところ,前者の犬は,回避行動を自発的に行ったのに対し,後者の犬は,回避行動をしようとはしなかった。

 つまり、できることでも,しようとしない「無気力状態」に陥ったと考えられる。これら一連の実験結果から,セリグマンは「無気力状態」が学習されるものであることを発見し,この現象を“学習性の無力感”と呼んだ。

 その後,セリグマンは,この理論を人間の行動に当てはめて考察し、“学習性の無力感”を獲得してしまうと,次のような問題が生じることが分かってきた。

・周囲の環境に対して,自発的な働きかけをしなくなる。

・成功体験を学習することが困難になってしまう。

・苛立ちなど,情緒的に不安定な状態を引き起こす。

  セリグマンの犬の実験では,嫌悪刺激として電気ショックを用いたが,人間の場合には,身体への嫌悪刺激だけではなく,心理的な嫌悪刺激が無気力状態を引き起こすと考えられている。

 否定的な言葉や態度だけではなく,学校で繰り返される理解できないのに強制される「授業」「演習」「テスト」「補習授業」などは,嫌悪刺激となる。

 この点を十分に認識しておかないと,学校が「無力感の学習の場」になってしまう。なお,嫌悪刺激からの回避行動は,授業逃避や立ち歩き,さらに,教師に対する暴力的な言動等の問題行動として現れることがある。このような現象が見られた場合,強力な「指導力」で問題行動を抑制することになる。この問題行動が実は「回避行動」であるならば,その抑制に表面上成功したとしても,「セリグマンの犬」が出現することになる。一見すると,おとなしく,甘んじて嫌悪刺激を受け続けるので「学校が落ち着いてきた」ように見える。しかし,深刻な問題を抱えていることには変わりはない。「学ぶことへの意欲をなくす」ことを教育機関が行っているとすれば,大きな問題である。

以上引用

ではどうするのか?「成功体験」と「社会的絆」が重要だということです。これについては別の機会に・・・

 

 

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« バトンタッチ | トップページ | 人生初の一等賞 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/65698006

この記事へのトラックバック一覧です: 「学習性無力感」について:

« バトンタッチ | トップページ | 人生初の一等賞 »