« 第13回日本臨床発達心理士会全国大会 | トップページ | バトンタッチ »

10年前と何が変わったのか?

就学相談や巡回相談の最後の1年で思うことがたくさんあります

この10年で何がどう変わったのか・・・

子どもたちにとって「すごしやすい」学校に、教室になったのか・・・

「わかる・楽しい」学びが保障できているのか・・・

子どもたちの「多様性」は認められているのか・・・

若い先生たちに、大切なことが伝えられているのか・・・

現場の「多忙化」をどう解消するのか・・・

このあたりのことをきちんと振り返らなければいけないと強く思う一日でした

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 第13回日本臨床発達心理士会全国大会 | トップページ | バトンタッチ »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年前と何が変わったのか?:

« 第13回日本臨床発達心理士会全国大会 | トップページ | バトンタッチ »